兵庫の住宅診断/耐震リフォーム/デザインリフォーム/新築注文住宅/設計監理

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00



リフォームと構造

 

構造部分の老朽化や、思うような間取りに変更できるかは素人には判断ができません。また、間取りの変更等で切断してはいけない柱を切断してしまったり、吹き抜けを設けたが、構造的には不安、リフォームすれば、この先どのくらい持つかなども、専門家に相談しては如何でしょう。

 

一戸建ての場合

現在一般住宅に用いられている構造は、木造、鉄骨造、RC造で、木造は木造軸組み工法、木造2×4工法、木質パネル工法などに分類される。構造や工法によって、できるリフォーム、できないリフォームがあります。

 

木造軸組み工法

柱、梁、土台を木で軸組みし、壁、屋根などをつけていく工法で、間取り変更や広いスペースを確保することが可能です。一階の上に二階をのせたり、横方向へ増築するなどは、既存部分にかかる負担を構造的に補強しなければならないので、十分な検討が必要です。

 

2×4工法

2インチ×4インチの枠組み材と構造用面材で6面体(床、壁、屋根)を構成する工法。建物を面で支えるので、耐力壁として機能している構造壁はとることができません。壁をとるなどの間取り変更などを希望しているのであれば、2×4工法の仕組みと構造計算をきちんとやってくれる業者にチェックしてもらい、その上でプランニングしましょう。

 

鉄骨造

軽量鉄骨造は6㎜以下の薄い鋼材で、柱、梁、筋かい、土台をつくっています。木造軸組み工法とほぼ同じ構造で、リフォームの制約もほとんど同じと考えたらよい。ただし、鉄骨造の場合、柱や梁の接合部をボルトでとめ、溶接でつないでいる為、木造よりも制約が多く、柱や梁などの構造体の移設は基本的にできません。

 

RC造

壁式構造とラーメン構造があります。壁式構造の場合基本的に壁を取ることはできませんが、ラーメン構造は耐震壁以外の壁で、木軸等で作成された壁などは削除することが可能です。

 

« 前のページに戻る

スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録 RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録RC木造耐震技術者講習修了者

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

連絡窓口

有限会社 高橋建築事務所
本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com


アクセス地図