兵庫の住宅診断/耐震リフォーム/デザインリフォーム/新築注文住宅/設計監理

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00

公式ブログ

2018/10/15

2018年10月25日7時 明石にて セミナー開催 中古住宅を購入するコツ 耐震リノベーションについて


10月25日19時より明石コネクトさんにて、ふれんどらいん主催で、私がセミナーの担当者をします。内容は、①中古住宅を購入するコツ②健康で快適なすまいとは?③リフォーム(リノベーション)とはどんなもの?④各種助成金(耐震で最大150万,介護改修100万その他)⑤工事の適正価格について
当方の事務所は、病院、こども園幼稚園等の新築の設計監理から、建物のリニューアル設計監理、住宅の新築、改築、寺院の耐震改修、シェアハウスの設計監理と様々な業務を行わさせて頂いておりますが、中古住宅の購入時や中古住宅のリノベーション時期に必要となる助成金の話や、適正な費用の話、構造と間取りプランニング、3次元のモデリング解析まで盛り沢山で、行いたいと思います。ご興味ございましたら、ぜひともご参加、よろしくお願いいたします。リノベーション資金がない場合でも、助成金その他、裏ワザをうまく使える可能性もあります。裏技の話もします。ちなみに、昭和56年度以前建築の建物の耐震診断と図面作成は、無料で行っております。耐震改修されなくても、図面はできますので、こちら、うまくご利用ください。よろしくお願いいたします。

①中古住宅を購入するコツ 住宅診断 耐震適合証明書 費用と補助金 仕組み紹介

②健康 快適 安心 長寿命のすまいへ
・通風 採光 換気
・バリアフリー ヒートショック 断熱 防犯 防災(台風 大雨 地震)
 水廻り改修 家族構成の変化に対応

③リフォームとはどんなもの?
間取り変更 内装材の模様替え 水廻りリフォーム 屋根外壁のリフォーム
耐震 省エネ

④リフォームの助成金 贈与税の非課税措置(最大5000万)
          住宅ローン減税 (最大400万)
          省エネ減税(最大25万円)太陽光発電設置(35万)
          バリアフリー 耐震(最大150万)介護改修(100万)等

⑤リフォームにかかる費用 水廻り 外壁 耐震 省エネ 間取り 等

2018/10/10

I邸 3次元モデリング 構造解析 (耐震診断と 構造補強)

国土交通省の 木造住宅の 構造解析に準拠した 構造プログラムで計算しております。

診断を行うと、0.68となり、倒壊する可能性が高い建築物となります。

診断は、作成した平面図をもとに、壁の配置バランスや 壁の材種をみて判断します。

診断結果がでたあと、キッチンの間取り等を考えて、生活のしやすい改修平面図を起こします。

その後、その平面図が、地震に持つ建物にするために、壁のバランスとすじかい、金物 構造用合板を

適所に用いて、構造計算します。重心と剛心の位置が離れないような、平面計画を何度もパターンを

試しながら計算していくと、評価が1.0以上の補強方法を見つけることができます。

国土交通省の研究員の話では、1.5以上にしてほしいという話が、先日の講習会では存在しておりましたが

よほど、関心のある方でないとその数値に持っていく事は、難しいです。

国土交通省の 評価基準の話なので、現況の1.0という基準を 厳しくする検討を国土交通省が行わなければならないのであろうと

思われます。

2018/10/09

I邸 ビフォーアフター と 設計から工事 竣工までの全体の流れ

 

 岩井邸 耐震 水廻り 間取り リノベーション全体の流れ

①現状の把握 と 図面作成
水廻りをやり替えたい旨と 耐震工事の 話を頂く。
耐震診断は無料(役所に建築概要書等の書類が存在すれば)
当初予算は500万円

②耐震診断を行う。三次元のモデリングによる構造解析→設計契約

③台所と食堂の間仕切りを取り払い一室空間へ。
耐震補強の構造解析
  図面作成

④予算の調整 

外壁の工事。玄関扉入れ替え 断熱工事
浴室を12*16から16*16へ大きくする
二階和室を寝室に。外構工事 見積もり
耐震工事 130万 水廻り300万 間仕切り改修200万
外壁工事 120万 外構工事 100万 設計料 75万
+ 消費税        合計 おおよそ1000万円

⑤工務店決定 内装材 フローリング クロス 水廻りメーカー決定

⑥工事着工  外壁工事 耐震構造工事 水廻り 外構 竣工
        台所と食堂の間の壁と柱を取り払う際 梁補強
        耐震補強工事と金物 構造用合板確認
        風呂場の土台の腐食取り除く。

設計期間 2018年3月中旬~5月初旬
見積調整期間 2018年5月~7月中旬
工事期間   2018年7月下旬~10月初旬

2018/09/25

10/8 耐震 デザインリフォームの 内覧会のお知らせ

秋の声が聞こえる美しい季節が到来しました。
7月下旬より行っておりました耐震リノベー
ション工事が完了しましたので,建主様の
ご協力により内覧会を開催いたします。
6月に発生した大阪北部地震への備えとして
の耐震工事,水廻り改修工事,1階台所と
ダイニングの壁を取り払う間取り改修工事
外壁の改修工事,駐車場の整備工事
を行いました。
建築士が地震対策等の構造上の技術的な話
間取りプランニングの話や、その為に必要な
費用の話を致します。
またファイナンシャルプランナーが
火災保険の選択方法とマネーライフプランの相談に乗り,
ご年齢や収入にあわせたすまいの新築
や改修工事のご負担の少ない予算の提示
と相談を無料にて行っております。
ふるってご参加くださいますようにお願い
申し上げます。

10月8日(祝)10時から17時まで
会場
茨城市駅前3丁目4-24
11:00~  FPと建築士による リフォームセミナー(1回目)
15:00~  FPと建築士による リフォームセミナー(2回目)

2018/09/24

耐震工事とデザインリフォーム セミナー開催のお知らせ

内容としては以下の内容でセミナーを行います。

ふるってご参加くださいますように よろしくお願い申し上げます。

健康で安心な住まい (耐震工事とリフォームを重点に)

より良い生活、人生100年時代、健康で安心なすまいの提案を行います。充実した人生をおくるためには、健康が第1として、バランスのとれた食事と適度な運動が求められますが、生活習慣を変えるには、住まいをよりよく変えることが大きな要因であるということが明らかになってきております。快適なすまいに住み快適な暮らしをおくると、人生をさらに楽しもうという意欲がわき、人生に前向きになります。地域交流が盛んになるともっと豊かな人生を楽しむことが可能になります。健康と人生の幸福こそお金をかける価値のあるものであると気づいて頂き,すまいの性能向上をして頂きたいと考えています。住宅の性能向上を行い住環境を良好にすることはかけがえのない健康と豊かな人生をおくる礎の一つとなるでしょう。
耐震性能を高め,生命と財産を守り,プランの自由度を高める。断熱性能を高め,省光熱費を実現し,空間全てを活用する。既存住宅の良い点を活かしながら,新築並みに性能を向上すれば新築以上の価値を新築より安価に実現できます。

①中古住宅を購入するコツ 住宅診断 耐震適合証明書 費用と補助金 仕組み紹介

②健康 快適 安心 長寿命のすまいへ
・通風 採光 換気
・バリアフリー ヒートショック 断熱 防犯 防災(台風 大雨 地震)
 水廻り改修 家族構成の変化に対応

③リフォームとはどんなもの?
間取り変更 内装材の模様替え 水廻りリフォーム 屋根外壁のリフォーム
耐震 省エネ

④リフォームの助成金 贈与税の非課税措置(最大5000万)
          住宅ローン減税 (最大400万)
          省エネ減税(最大25万円)太陽光発電設置(35万)
          バリアフリー 耐震(最大150万)介護改修(100万)等

⑤リフォームにかかる費用 水廻り 外壁 耐震 省エネ 間取り 等

2018/08/23

設計者の強みとは

設計者の強みとは
構造や断熱などの住宅性能についての考え方,仕上げ材料に対する知識、デザイン力であるはずである。一方、リフォーム会社のように、設備の更新や、仕上げのやり替えといった小規模リフォームには、あまり向かないともいえる。リフォーム会社は、一般的に、構造への知識や構造計画の力、間取りプランニングの提案力、建築基準法に対する理解が少ない。
 工事を行う前に、セカンドオピニオンを求める際に、最も信頼性がもてる事業者は誰か。それは、設計者であると考えている。
 当方の事務所としては、様々な相談に対して
1 条件整理 予算の調整 構造計画 間取りや空間の提案
2 複数の工務店に対しての見積もり依頼
3 見積もり内容の査定と面接による工務店の選定
などを、少額でおこなっている。

 当方の事務所としては、数多くの実績のある耐震補強計画の策定や、間取りの変更、水廻り(特にキッチン)の改修、工事予算の調整 に、他社とは 差別化できる強みがあると考えている。
 木構造に対する知識も豊富であり,適切な構造計画を行い、工事中の指導も適切に行います。

2018/08/17

高橋建築事務所 事業案内

(有)高橋建築事務所  事業案内

大規模な公共建築物から個人住宅、店舗まで数多くの建築物の設計を行ってきました。そこにいたことが記憶に残るような喜びのある空間を創造することで社会貢献することを目的としています。
■設計、監理(新築、改築)

幼稚園、保育園、認定こども園、戸建住宅、集合住宅を始めとして、増改築、新築問わず、様々な建築の設計を行います。

■耐震診断、改修補強工事監理

昭和56年5月以前の建築物は、現在の建築基準法の基準を満たしていない為に、耐震構造に問題があります。我々は神戸市登録のすまいの耐震相談員として、木造戸建て住宅に始まりRCの建築物、伝統的木造建築物である寺院まで耐震診断と構造補強を行います。

■歴史的建造物に対する調査

 現在の都市を語る上で欠かせない存在である、寺院、神社、洋館、古民家などの実測調査を行い、図面、建築年代の推定、建物の価値付け等を記載した報告書を作成します。また、今後その保存再生を通して、都市を更に魅力的にするにはどうすればよいかを探ります。

■建築物の保全に関わる提案

 集合住宅の長期修繕計画から戸建て住宅の維持保全計画まで、建物を適正に維持管理する為のアドバイスを行います。都市再生機構の集合住宅の修繕工事にも多数の実績が存在します。

■ソーラーパネル(太陽光発電)設置の提案

 クリーンなエネルギーとして昨今注目され、政府の多くの補助が見られるソーラーパネル設置の助言、提案を行います。具体的には、各メーカーの特徴、融資書類、補助金の申請代理、施工の助言、価格の交渉を行います。

■特殊建築物定期検査

建築基準法により、 劇場、百貨店、ホテル、病院、物販店、共同住宅、事務所など不特定多数の人が利用する建築物特殊建築物等の所有者は、定期的に「調査資格者」により、建築物を調査し、その結果を数年に一度、特定行政庁に報告しなければならないことになっています。
■キッチンの設計
住宅の要と言われるキッチンのきめ細やかな設計を行います。具体的には、
現在使用しているキッチンが、冷蔵庫やゴミ箱の位置が遠いというような使いにくいものであったり、収納空間が足りなかったり、暗くて風通しも悪かったり、ダイニングからキッチン内部の洗物などが見えてしまったりすることに対して、新たなキッチンの提案を行います。

2018/08/10

6月18日 7時58分、大阪府北部地震 M6.1

 2018年6月18日の朝7時58分ごろ、大阪府北部を震源とするM6.1、最大震度6弱の地震が発生した。大阪では1923年の観測開始以来最大の地震となり、死者や数百人の負傷者などの被害も報告されている。今後、南海トラフ巨大地震が続く可能性もあるようだ。

 大阪平野と六甲山地の境界部には、東西に延びる「有馬―高槻断層帯」という活断層帯が走っているが、今回の地震はその東端付近で起きたものだ。気象庁によると、活断層帯が動いたことによる地震であるかどうか、今後の検討が必要だという。なお、政府の地震調査研究推進本部は、この断層帯でM7.5程度の地震が発生する確率について、今後30年で「ほぼ0~0.03%」と見積もっていた。 今後30年以内にかなりの高い確率で発生するといわれている地震の一つが南海トラフ地震です。広範囲で比較的長時間にわたり大きな横揺れが続くと予測されています。また、有馬高槻構造線や山﨑断層などの直下型地震にも注意が必要です。南海トラフ地震は待ったなしの状況です。南海トラフ地震の特徴

①繰り返し起きている(100~150年)②M8程度以上の大きな地震③昭和南海地震の発生から70年程度経過している(今後30年に70%の確率で発生)

1605年 慶長地震M7.9 1707年 宝永地震 M8.6
1854年 安政南海地震M8.4  安政東海地震 M8.4
1946年 昭和南海地震M8.0 また、直下型地震でも甚大な被害が予想されます。山﨑断層,有馬高槻構造線 六甲断層帯 中央構造線 阪神淡路大震災では、瞬時に住宅が倒壊し、その下敷きになって亡くなった方が約8割を占めました。(消防庁の死者6434人のうち圧死、窒息が77%を占めます) 水廻りをリフォームする際に,同時に 耐震対策をご検討くださればと思われます。

 

費用対効果を考えたリフォーム

リフォームが新築と違う点は沢山ありますが、一番違うことは、予算(費用)に対する考え方です。全てを高級素材で仕上げれば、かける金額に限度もありません。リフォームにどの程度の費用を掛けるのかが、お客様の考え方によってまいります。壁紙を代えるだけのリフォームから、全ての内装を取り払い、骨組み状態から始めるリフォームまで、多様なリフォームが考えられます。当事務所のリフォームの提案は、項目に優先順位をつけ、一番望ましいと思われる計画をたて、その計画に必要と思われる資金計画からはじめ、お客様のライフスタイルと、予算の両面から、費用対効果を一緒に熟考していきます。

2018/08/09

壁材について

①壁紙(クロス貼)

壁紙は厚手のものなら下地の影響をうけにくい。国産の壁紙は、一般的に表と裏の2層構造になっている。既存の壁紙をはがすと、下地の合板や石膏ボードに薄い裏紙だけが残ります。どうしても凹凸がでるため、パテなどで下地を調整する必要があります。けれども完全に平滑にはできないので、リフォーム用などの厚手の壁紙を選ぶとよいでしょう。化粧合板やジュラク壁に壁紙を張るには下地材をはってから施工します。

人気の珪藻土は既存壁紙の上に塗れるものも存在します。

通常はPBを下地に左官仕上げを行います。リフォーム用として、既存の壁紙やジュラク壁などの上に塗れるものもあります。

壁は室内で一番大きな面積を占める場所ですから、古びた壁紙を新しくするだけでもリフォーム効果は抜群。壁紙の中で最も身近なものはビニールクロスとよばれる塩化ビニール素材の壁紙です。安価な普及品なら施工費こみで1000円/m2前後でさまざまな柄が選べます。

おしゃれな色や柄が豊富な輸入壁紙は紙壁紙が多く、また、伝統の和紙の風あいを生かした壁紙は本物ならではの赴きがあります。このようにビニールクロスにはない味わいを持つものが多い紙壁紙ですが、水を含むと伸びる為施工しにくい面があり、ビニールクロスより薄いので、下地を念入りに平らにする処理も必要です。施工費はビニールクロスの2~3倍はかかります。

ビニールクロスの耐用年数は10年程度。ビニールクロスは水ふきすることができるので、キッチンの壁など汚れが激しい場所は、薄めた中性洗剤で汚れを洗いおとしましょう。厚みのあるビニールクロスは自分で張り替えることも可能です。

②漆喰

 昔の漆喰といえば、伝統的な土壁をつくって乾かし、その上に塗布してという非常に手間のかかるものでした。しかし、今は壁紙の下地にする石膏ボードのかわりに、左官用の石膏ラスボードを使って、その上に直接塗る簡便な方法が一般的。ただ、壁を漆喰にしたいのであれば費用は嵩むと考えるべきでしょう。最低8000円/m2

③珪藻土

 漆喰と同様、コテで塗る塗り壁材です。太古の海や湖にいた植物性プランクトンが化石化してできた土。湿気を調節し、耐火性がある。その際は成分データの調査も。

厚みは3mm必要。5000~7000円m2

④ペイント

 ペイント仕上げを成功させる秘訣は、下準備の丁寧さにあります。下地が金属か、木か、耐水用、耐火用など下地と塗る場所によって専用の塗料を選びましょう。ビニールクロスの上から直接塗れる塗料も一般的です。

⑤木質系壁材

 木材には合板と無垢の板材があり、合板は複数の薄い板を接着して作られたもので、無垢の板は自然の木を一枚の板にしたものです。合板で壁面を仕上げるものとして一般的なものはシナ合板で全体を張る方法。ナチュラルだけれどシンプルな印象に。同じ合板でも、チークやカリンなどの高級な化粧板を表面に薄く張った、つき板合板というものを使うとクォリティの高い印象に。合板ではなくムクの板で壁を張る方法も。節目が多い板で無塗装にするとログハウスのようにナチュラル感が強調されます。それに対して、節目や木地がでないようにペンキで塗りつぶして仕上げると、洗練されたクラッシック風のインテリアに仕上がります。

 コストダウンの方法としては、床と同じ材料にして広い面積で使えばm2単価は割安になります。壁全体にシナ合板をはる仕上げ方法はその代表的なものです。

 無垢の壁材にするときの注意点は、湿度変化にともなって伸縮するという、内装材としてはデメリットも併せ持っています。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

連絡窓口

有限会社 高橋建築事務所
本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com

スタッフ紹介

高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録 RC 木造 耐震技術者講習修了者
高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録 RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者

アクセス地図