兵庫の住宅診断/耐震リフォーム/デザインリフォーム/新築注文住宅/設計監理

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00



木造住宅にかかる横方向の力の流れ(木構造講座④)

 一般的な構造設計では,水平荷重として地震力と風圧力を検討する。地震力は地面が揺れるのだから本来は下から上に力が流れるのだが、便宜的に地面の移動を0として,上部構造に水平力が作用しているものとして検討する。
 水平力は,おおまかにいえば床面から耐力壁へ伝達される。そのため、床面が柔らかく歪んだりしていては,耐力壁までスムーズに力が流れない。よって、床面はしっかり固めておく必要性がある。

①小屋廻りの力の流れ

屋根面に作用する水平力は,野地板→垂木 母屋 棟木 桁梁→小屋筋違→2階耐力壁

小屋廻りに作用する水平力に関しては,2階の耐力壁が抵抗する。小屋組みの内部には小屋筋違などの耐力壁を設けておき,屋根面に生じた水平力を2階の耐力壁に伝達できるようにしておく。

②2階床 1階床廻りの力の流れ

2階の床面に生じた水平力に抵抗するのは,1階の耐力壁である。よって,2階の床に作用する水平力は,床板→根太→小梁 →1階耐力壁へと流れていく。
1階の耐力壁が負担した力は,土台を伝わって基礎 地盤へと流れる。その他,1階の耐力壁には2階の耐力壁が負担した水平力も伝達される。この時、1階と2階の耐力壁の位置がずれていると,二階の耐力壁は負担した力は、いったん2階の床面を介して1階の耐力壁に移動することになる。従って、2階の床面は,大きな水平力を伝達できるように固めておく必要性がある。
 1階の床面に生じた水平力は,床面→根太→大引き→土台→基礎→地盤へと流れていく。

« 前のページに戻る

スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録 RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録RC木造耐震技術者講習修了者

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

連絡窓口

有限会社 高橋建築事務所
本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com


アクセス地図