兵庫の住宅診断/耐震リフォーム/デザインリフォーム/新築注文住宅/設計監理

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00



理想のすまいの設計術


①理想的なすまいの形を具体的にイメージしてみる。
マイホームの仕上がりイメージをはっきりさせておくことが大切です。
今のすまいの不満点や気に入っているところを洗い出すこと。そうすれば、部屋数が不足しているとか、収納がすくないなど、問題点がわかってきます。またどのような暮らし方をしたいかによって新居のあり方も変わります。お子さんの小さなお宅では、親子のふれあいや安全性を重視した間取りに、料理が趣味のご夫婦なら、家の中心に大きなオープンキッチンをすえるのもいいでしょう。

②四季を通して一番条件のよい場所をLDに。
間取り作りに着手する前に、家族の生活リズムを再確認して、日照や通風面で部屋に優先順位をつけることをおすすめします。最優先させたいのがLD。家族みんなが食事をしたりくつろいだりする部屋は、一年を通して、家中でもっとも採光や通風がとりやすく、できれば眺めもよい場所に配置。

③間取り作りは細部から全体へ(ゾーニング)
サービスゾーン(サニタリー、ユーティリティ、キッチン)、パブリックゾーン(ダイニング、リビング)移動ゾーン(階段、廊下、玄関)、プライベートゾーン(個室)
どの部屋の隣にどんな部屋があれば便利か、人の動きや行為がスムーズになるように、キッチンやダイニングの配置を決めていく。細部を決定する前に部屋と部屋のつながりを考えることが重要です。起床から就寝まで、家族の一日のパターンを想像してみると、ゾーニングはしやすいものです。

④暮らしやすい間取りは綿密な動線計画から
人が移動する軌跡を動線といいます。あちこちに迂回することなく、目的の場所に行けるのが理想的。そのためにも動線は、短く、単純にが基本。リビングを通らなければ子供部屋から洗面所にいけない間取りでは、朝寝坊した休日の朝など来客の前を通って顔を洗いに行かなければなりません。二人が通るには廊下の幅は120cmほど必要。車椅子は85cmほど必要。

設計の基本
a逆転プラン
都市のすまいに最適な二階のLDK
住宅密集地では、一階部分の日当たりや風通しが悪くなるので、日中家族が長くいるLDKを設けると、決して快適にはなりません。建て込んだ住宅地でも、二階なら隣家にさえぎられること無く光や風が届き、一階より日照時間が長くなるので、快適な団欒空間が作れます。また、道路など外からの視線が届きにくい為、プライバシーが保ちやすくなります。天井を高くとれば、床面積が同じでもボリューム感のある部屋に。ところが、一階の部屋ではそうそう天井を高くするわけにはいきません。

bスキップフロア
半階ずつ床の高さをずらす建て方をいいます。設計上の注意点は、階段のすぐ上や下に壁やドアをつけてしきらないこと。階段が部屋の一部になるように、間仕切りは低めの手摺壁を設ける程度にしましょう。そうすると、階段を通して上下のフロアがやわらかくつながります。視線が斜めにのびるので、それぞれの部屋が狭くても伸びやかな印象に。立体的な広がり感やドラマチックな空間ができるなど、通常の建て方よりも変化のあるすまいになるのが特徴。ただ階段が多いのでバリアフリーにはならず、
高齢者のいるお宅には不向き。傾斜地では敷地の高低差をいかしてスキップフロアにするケースがよくあります。

c視線の抜け
小住宅の間取りでは視線の広がり方を意識して。
狭さを解消するにはオープンプランが最適ですが、プライバシーや冷暖房の効率を考えると、仕切りが必要な部屋もあります。そんなときはガラスに注目を。一般的なのは、浴室と洗面室の境をガラスのフィックス窓にし、ドアもガラスにする方法。

広く見せるテクニック
・ 斜めに視線がのびるように、部屋と部屋をコーナーでつなぐ
・ 借景を利用する
・ 間仕切りやドアに透ける素材を使う。欄間をガラスにすると、二部屋の天井がつながったようにみえて広々する。窓やドアを天井までの高さにすると、内と外、部屋と部屋の連続性が生まれるほか天井が高く見える効果もある。
・ 視線を妨げる場所に間仕切り家具を置かない。置くなら低めのものにする。
・ 階段は視線がぬけるデザインにする。
・ 内装は白っぽい色に。なるべく壁材や床材を統一すると連続性が生まれる。

« 前のページに戻る

スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録 RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録RC木造耐震技術者講習修了者

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

連絡窓口

有限会社 高橋建築事務所
本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com


アクセス地図