兵庫の住宅診断/耐震リフォーム/デザインリフォーム/新築注文住宅/設計監理

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00



耐震設計の考え方と耐震リフォーム計画のポイント

建物耐震設計では、極めて強い地震の時にも、倒壊だけはしないようにするというのが最大の目標です。倒壊してしまえば、人命を守ることがおぼつかなくなるからです。倒壊さえしなければいいということは、少々なら壊れることを許容しています。つまり、建物がきわめて強い地震動をうけて強さ以上の応答になりそうになると、どこかがこわれてもいいとするわけです。まず、現状の建物の軸組の状態を把握します。それから、民家、寺などは、精密な限界耐力計算という手法にて、計算を行います。通常の在来木造工法の家は、一般診断法という計算方法で検討します。力の流れをよく考えて、床、天井の水平材を固め、上部の荷重が下部にきちんと流れるようにします。また、下部の壁のバランスを見ながら、配置を何パターンも検討して想定される大きな地震力に対して、持つような壁の配置にします。二階が、一階に対してどのようにのっているのか、二階の荷重をどのようにして、一階の壁で受けるのかが重要なポイントになります。

耐震リフォーム計画のポイント

Point.1
建物の重量に応じて壁量を十分に確保する。(壁を増やす、壁を強くする等).

Point.2
壁の配置バランスをよくする。
(四隅に耐力壁を設置する、開口部などを補強する等).

Point.3
上下階の力の伝達を確実にする.

Point.4
接合部の緊結を十分に行う.

Point.5
基礎を丈夫にする.

Point.6
土台や柱が腐朽しないようにする(防蟻処理された土台への取り換え等).

Point.7
建物の一体性を高める(合板や火打ち等による水平構面の確保)
※伝統的建造物の場合(荒屋パネル耐震ダンパー根固による柱脚の固定).

« 前のページに戻る

スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録 RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録RC木造耐震技術者講習修了者

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

連絡窓口

有限会社 高橋建築事務所
本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com


アクセス地図