耐震リフォームの設計や工事にかかる費用の内訳

耐震リフォームの設計監理費用

耐震リフォームの設計監理費用は 

構造計算図面作成費用が 35万円 (昭和56年5月以前の建築住宅は神戸市より補助27万円)

水廻りと耐震工事の 工事費用おおよそ500万円の場合は 50万円(税別)の設計監 理費用(構造計算図面作成費用含む)を頂いております。

工事金額が高くなり、更なる間取りの提案や工事監理費用が発生する場合は,工事金のおおよそ 8-12%です。(一般的にはリフォーム設計監理費用は12-15%であり割安です。)

見積もりのおおよその内訳詳細です。(工事金額により補正されます)

平面図作成費用(既存住宅に図面がない場合)3万
耐震診断 報告書作成費用5万
リフォームプランニング作成費用(5案)15万
室内パース 作成費用5万
補強計算 構造計算作成  
補強図面作成費用(リフォームに必要な図面含む)
35万
施工業者見積調整費用5万
工事監理15万

工事としてよくあるのが、水廻りの改修に加えて、間取り改修、耐震改修、外壁改修、外構改修 といったところとなります。

一般的なリフォーム工事の概算です。(木造2階建て 100m2程)

水廻り工事費用 はおおよそ250-350万程(キッチン、風呂、トイレ ガス 水道 電気設備費含む)

外壁工事80-150万円
耐震工事150-200万円(一般的な金額は160万程です)
間取り改修200万程(これはケースによる場合が多いです)
外構100万

これでおおよそ1000万ぐらいの工事金になります。 この場合、設計監理費用は おおよそ 80万円~になります。(税別)

工事は、2もしくは3社見積もりを とります。 大手のハウスメーカーに比べて、見積もりの調整も十分吟味致しますので

設計監理費用を支払っても、十分 お得感がでるように 対応致します。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。