神戸市垂水区  耐震診断と構造補強計画

神戸市垂水区において 耐震診断と構造補強計画をおこなった。

切妻屋根の二階建て住宅である。

各所劣化がみられた。

ベランダの床の亀裂である。補修の必要性が存在。

下の玄関に雨漏れが存在。

耐震診断を行う。

診断しました結果、「倒壊する可能性が高い」と判断されました。

2階 X方向 0.83 Y方向 0.67
1階 X方向 0.25 Y方向 0.19
・上部構造(建物)の総合評点としては「倒壊する可能性が高い」との結果になっており、建物全体1階の東西南北方向で評点が非常に低く、2階の東西南北方向で評点が低いことが挙げられます。

補強計画を様々に検討した。

1階で耐力壁6枚ほど 2階で3枚ほど バランスよく補強すれば 評点1.0以上の確保が可能となる。

 地震に強い建物にするための補強方法としては、現在ある壁を中心にバランス良く壁の耐力を高め、特にバランスの悪い部分については開口部の一部に耐力壁を追加します。

補強場所としては1階南北面壁,1階東西面壁,2階南北面壁,2階東西面壁補強など図のように補強すれば 建物として丈夫なものができあがります。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。