T邸 古民家改修 キッチンのプラン案提案その① 神戸市

神戸市の某所にて、大きい古民家の再生を行っています。設計が、正念場でして、キッチン水廻り関係の設計をおこない、

多くのプランを考案致しましたので、このブログに載せます。

暮らしの豊かさは、食生活の豊かさにありという考えのもと、キッチンのプラン設計をとても大切に考えています。

これから、この家に住まう奥様が、食事を作りやすいように、、楽しくみんなで、食事が作れたり、食べれたりできるようにと、様々な要素を検討しながらキッチンの設計を行います。

今回は、7案検討致しました。

①現状図 現状の図面である。北向きの部屋をダイニングキッチンの空間とすることにした。取り外すことのできない柱があるため、それを考慮に入れてプランを検討していかなければならない。

A案  壁掛けタイプのキッチンである。電子レンジやトースター等を置くスペースを作るために、ダイニング側に配膳台を作り、下部に、収納スペースを作成した。食品庫が、キッチン北側に存在するが、少し、小さい。

B案  L型タイプである。広く北側を見渡せ、調理中も、庭を見れるなど、楽しいキッチンができることが予想される。冷蔵庫の位置は、キッチンより南側に存在し、少し、シンクの位置から遠い。西壁側には、電子レンジや、炊飯器を置くスペースも用意できた。値段が高くなることが予想された。


C案 西側壁から南側壁にかけてのキッチンL型案。これは、ダイニングを広々と使うことができるが、調理中は、北側の窓方向をみれない。ダイニングスペースが狭い場合は、お勧めであるが、この場合は、あまりお勧めの案とは言えない。

次回、D,E,F,G 案の4つを提案いたします。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。