寺院 耐震補強計画

東京大学大学院木質構造学腰原研究室とともに、実測調査、常時微動測定を行った。
そして、その実測図と科学的データに基づいて、腰原教授監修により、構造計算と構造補強計画を行った。

屋根形態が二重裳階構造となっているため、地震時に、屋根が 違う挙動をすることが予想されるため、

二重裳階を金物で固め、一つの動きとなるようにし、その荷重を、一階の壁で受け、耐力をもたせるという構造補強です。

実際には、小屋裏の中にもぐり、軸組図と部材寸法、材種を調査して、この建物にもっともよい耐震構造計画を検討し、具体化します。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。