兵庫の住宅診断/耐震リフォーム/デザインリフォーム/新築注文住宅/設計監理

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00



浴室 水廻り配管工事のリフォームについて

浴室は一日の中でも温度差が激しく、湿気がこもりやすい場所です。築15年程度経つとどうしてもあちこちに傷みがでてきます。そのままにしておくと、他の部屋にも湿気による影響が広がることがあります。浴槽とタイル、壁とドア枠などのシーリングが割れていたり、錆が浮いたりしていると、水が漏れて壁や床の内部を腐らせていることがあります。排水口から悪臭がする、水の引きが悪いという場合は、排水管が詰まりかけているのが原因です。掃除をしても改善しないときは、排水管を交換する必要があるかもしれません。

浴室を長持ちさせるには換気が大切。ルーバー窓など風通しのよい窓を設けて、湿気を外に逃がしましょう。
浴室と洗面室を同時にリフォームするなら、間仕切りにガラスを使って、明るく広々としたサニタリーにしましょう。洗面室と浴室を仕切る壁にガラスのフィックスをつけ、ドアもガラス入りのものにする。増築や間取りの変更をしなくても、視覚的な広がりが生まれ、光も取り込めます。ガラスは、万が一割れても怪我の心配の少ないあわせガラスや強化ガラスが最適です。
二階に浴室を作るならば、ユニットバスにすれば防水面の心配はない。設置場所は、一階の柱が多い部分で、水廻りの上が最適。どうしても排水などの水音が伝わるので、LDや寝室の上はさけましょう。ユニットバスを支える為に梁の新設や床などの補強工事が伴います。浴室暖房乾燥機は換気と暖房だけでなく、衣類乾燥ができ、涼風機能もあり、一台4役のすぐれもの。

水廻り配管工事

 キッチンは排水口の位置が高い為、移動の距離がさほどなければ、排水管をキッチンキャビネットと連続させた収納の中などに通すことで、床高さをあげずに位置を移動することも可能。サニタリーは排水口が床にあるため、パイプスペースまでの距離が長くなるとどうしても床高さをあげることになる。

排気ダクトの経路がネックになって、キッチンの位置が変更できないことがある。

水回りを移動するリフォームでは、既存の排気ダクトの経路もよく調べてから計画することが大切。配水管をどこに通すのかを考える必要があります。大きく移動すると、屋外の汚水や雑排水枡の位置を変更する必要があることもある。給湯器とキッチンや浴室などとの距離が長くなるほど、それだけ湯がでるまでに時間がかかるので節水にならない。
古い建物では、鉄管で施工してある場合が多いので、赤錆が出るなどの配管が劣化している場合もあります。水回りのリフォームの際に、給水、給湯管、排気ダクトを交換すると安心です。
 
オール電化住宅では、200VのIHクッキングヒーターや自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯器などを使いますが、それには専用の電源回路が必要。200V機器が使えるようにするには単相3線式という専用の配線が必要になる。これは、3本の電線を使いわけることにより、100Vと200Vの電圧を同時に利用できるもの。その場合は、分電盤に200Vの専用回路を設けて、屋内の配線工事をしなおせば、200V機器が使えるようになる。回路に余裕がない場合や電気の容量が不足している場合は、分電盤やメインブレーカーを十分な容量のものと交換します。
 古い家で単相3線式がひかれていない場合は、電柱から引き込む工事が必要になります。

 

« 前のページに戻る

スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録 RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録RC木造耐震技術者講習修了者

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

連絡窓口

有限会社 高橋建築事務所
本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com


アクセス地図