神戸市,芦屋市,明石市,加古川市,三木市,西宮市の住宅診断/耐震リフォーム/新築注文住宅

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00

mail: toshiro@arch-takahashi.com



④間取プランニングの提案力に自信あり

2019/07/03

T邸 古民家改修 キッチンのプラン案提案その① 神戸市

神戸市の某所にて、大きい古民家の再生を行っています。設計が、正念場でして、キッチン水廻り関係の設計をおこない、

多くのプランを考案致しましたので、このブログに載せます。

暮らしの豊かさは、食生活の豊かさにありという考えのもと、キッチンのプラン設計をとても大切に考えています。

これから、この家に住まう奥様が、食事を作りやすいように、、楽しくみんなで、食事が作れたり、食べれたりできるようにと、様々な要素を検討しながらキッチンの設計を行います。

今回は、7案検討致しました。

①現状図 現状の図面である。北向きの部屋をダイニングキッチンの空間とすることにした。取り外すことのできない柱があるため、それを考慮に入れてプランを検討していかなければならない。

A案  壁掛けタイプのキッチンである。電子レンジやトースター等を置くスペースを作るために、ダイニング側に配膳台を作り、下部に、収納スペースを作成した。食品庫が、キッチン北側に存在するが、少し、小さい。

B案  L型タイプである。広く北側を見渡せ、調理中も、庭を見れるなど、楽しいキッチンができることが予想される。冷蔵庫の位置は、キッチンより南側に存在し、少し、シンクの位置から遠い。西壁側には、電子レンジや、炊飯器を置くスペースも用意できた。値段が高くなることが予想された。

C案 西側壁から南側壁にかけてのキッチンL型案。これは、ダイニングを広々と使うことができるが、調理中は、北側の窓方向をみれない。ダイニングスペースが狭い場合は、お勧めであるが、この場合は、あまりお勧めの案とは言えない。

  

次回、D,E,F,G 案の4つを提案いたします。

2018/10/13

神戸市 リノベーション案 間取りプランニング提案

神戸市にて、間取りのプランニングの提案をおこなった。

60歳を超えたご夫婦が、子供が家から巣立たれ、二人で暮らす家である。

要望としては

①台所と浴室との間に壁が存在し、キッチンが暗く、風も抜けないため、明るく風通しの家にしたいとのこと。

②冬寒いので暖かい家にしたい。→これに関しては、外断熱で、外壁をすっぽりと覆う提案を行った。
               メーカー価格で、100m2二階建ての住宅で、300万程必要
               床下にも、断熱材を入れ、窓ガラスは、Low-e ガラスの対応とした。

③ご主人の本が多いため、大きな本棚を設けたい。

④耐震性を十分考慮に入れて、頑丈な家のリフォームをお願いしたい。
→昭和56年度以降の新耐震基準ではあるが、平成12年度以前の築であるため、耐震性は、現在つくられる住宅に対してだいぶ劣る。
また、二階の壁の下に1階の壁がのっていない状況が見られたため、1階の壁の位置を2階と揃えるか、2階の床を補強する必要性が存在した。

①と③を考慮にいれて、パターンを検討した。

一階の和室は、洋室にやりかえ、ご主人の寝室とし、壁の位置を変え、本棚をしっかりと設置した。
和室は、布団の上げ下ろしが、負担となる為、ベッド対応の洋室とするほうがよい。
1階壁の位置が変わる為、当然、基礎の立ち上がりも、設置が必要である。

パターンA

キッチンをL字型の配置とし、キッチンに窓を設けた。台所は南向きとなる為、明るさは改善される。

パターンA`

キッチンをL型の配置としたが、風呂と、洗面所の位置を既存の平面図とやりかえ、南側からの風が北へ抜けるようにし、北側からの採光もキッチンに存在するようにした。
トイレを拡張した。

パターンB

風呂と洗面所の位置を変更し、風が抜け明るいものにすると同時に、キッチンは、シンプルなI型のものとした。キッチンの改造だけに関して言えば、予算が一番かからない案である。

パターンC

本の蔵書量が多いということから、寝室とは別に、本棚のある書斎をもう一つ、北側の風呂に近い場所に設けた。キッチンは、南側の食堂部分にI型に設置した。キッチンの北側は洗面室である。
書斎をもう一つもうけたため、居間と食堂は、狭くなることが予想されるが、何に、生活の重点性を置くかで、一つの提案としてもよいと考えた。

パターンD

アイランド型のキッチンとした。食品庫を大きく取ることができ、二人だけの生活には、アイランド型で、問題ないとの考え方も存在すると思い提案をおこなった。

結果、クライアント 2人が選ばれた案は、Bであった。

A案は、風呂と洗面所の変更により、風が通り明るいのは良い。L型のカウンターキッチンは、子供がいた時分は、カウンターで食事を出すスタイルがよかったが、二人だけのため
あえて、カウンターにする必要性はないということであった。

C案は、本は、多いが、寝室兼書斎があればよく、何人か孫が来て、居間でテレビを見たり、遊んだりするため、そこそこ広いほうが良い。

D案は、二人で暮らすなら、アイランドのキッチンで問題ないが、アイランド型は、金額も他より少し変わり、あえて、それをする必要性も感じないということであった。

結局、風がよくとおり、採光も十分にでき、予算的にもローコストで抑えることのできるB案が採択された。

その後、、外断熱等、色々条件をつけて、見積もりをおこなった。

残念ながら、工事の予算があわず、保留となっている案件である。

しかしながら、基本計画のプランニングに対しては、納得頂き、設計料は、半額頂くことになった。

2018/08/09

F邸 新築工事

神戸市にて、住宅の設計監理を行った。
①敷地について
 敷地は角地であったが、南側は隣地、北と西は歩道であり、東側のみ道路で、駐車場の位置は必然として東側となった。その為、エントランスも東側となった。南側にこぶしの木が存在し,南庭もいかしたいため、北側に住宅をよせる計画となった。東側道路を挟んでの隣地には大きな木が存在していた。
②クライアントの家の要望について
 
 まず、光風が通り,冬場暖かい家が第一希望であった。また、クライアントの趣味は釣りとサイクリングであり、玄関横に大きな収納空間が必要であった。玄関廻りの収納を,大きくとった。また、玄関はいれば階段が見れるようにしたいとの要望であり、シースルーの階段と庭を見せる計画とした。

③設計提案について
 住宅とは,何よりも家族が毎日食事のときに顔をあわせ、家族みんなで食事をするという行為が一番大切なものだと考えている。その為,ダイニングテーブルに座る時間,空間を一番大切にしたいと考えている。この住宅においては,南側に大きな窓を設けウッドデッキを敷き,南庭に連続的に視線が抜け、また北庭も設けたため,南北双方向に視線と風、光が抜ける空間となっている。天井は,当初吹き抜けも検討したが、通常より少し高い2650mmほどの天井高とした。視線が抜けるため、空間は拡がりを感じれるものだと考えている。

 西側には,タイルの壁面とし、テレビの設置をしている。キッチンはゴミ箱の位置,冷蔵庫の位置を十分検討し,配置した。水回り設備のメーカーは、リクシルを採用したが,キッチンの手前のカウンター家具は、家具職人に依頼し,手仕事の感覚を感じれるものとした。二階は,小屋裏に、隠し金庫部屋等を設け、遊びを感じれるものを目指した。東側隣地の大きな木が見れるように和室を配置した。断熱は、 吹き付け内断熱を採用した。冬でも非常に暖かいとクライアントには好評である。
 
④予算について
 一般的には、木造住宅の坪単価は60万円~である。設計費用は工事金額の10%。競合した大手ハウスメーカーの提示金額は、坪80万円ぐらいとなりました。金額とプランニングで競合しましたが、既存住宅の撤去費用も合わせて考えると、ハウスメーカーよりも700万円近く費用を抑えることができました。我々、設計事務所に依頼して頂くと、割安で、良いプランニング提案ができると考えております。

2018/08/05

キッチン廻り イメージパース

神戸市にて 耐震工事と 水廻りの 改修と、間取りの改修工事の計画提案を行った。

南庭が 素晴らしいため、南庭に面して 大きな窓を作り、庭が十分眺められるような計画としている。 キッチンは アイランド型とした。 水廻りの改修をする際に 間取りを変更したり、壁や柱の位置を変更したりする場合に 耐震構造補強と 平面計画とを行い 最後は、パースにて イメージを 提案することとしております。 まずは、建物の状態を把握し、取り除いてはいけない柱、壁量等を確認してもらい、バランスの良い構造計画を 間取りの機能性とともに十分検討いたします

有限会社 高橋建築事務所(会社概要)

本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com
> 会社概要はこちら


スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業。
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者(国土交通大臣登録)
  • RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
    (国土交通大臣登録)
  • 特定建築物調査員(国土交通大臣登録)
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者(国土交通大臣登録)
  • RC木造耐震技術者講習修了者
    (国土交通大臣登録)

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

下記サイトはリンクとしています

アクセス地図