神戸市,芦屋市,明石市,加古川市,三木市,西宮市の住宅診断/耐震リフォーム/新築注文住宅

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00

mail: toshiro@arch-takahashi.com



家づくりマスタースケジュール

2018/08/10

すべて見せます!リフォームの流れ

木造戸建て住宅デザインリフォームの流れについて
(耐震工事と間取りの大幅変更のリフォーム)
1 メールにてリフォームの相談をうける

2 クライアントとの初回面談 ヒアリングを行い設計提案を行うことを受諾する

3 現地調査 住宅の内外部の調査を実地。図面がない場合は実測を行い、  手書きの図面を作成 壁の位置、劣化状況、床下、屋根裏の調査

4 耐震診断の実施 構造的にどこが弱いのかの確認

5 プレゼン 企画提案 クライアントとの打ち合わせ1回目

6 設計契約を締結 クライアントの要望に基づきプランを変更 クライアントとの打ち合わせ2回目

7 耐震補強計画を策定 上部構造評点1.0以上となることを確認

8 プレゼン案と補強計画を提案 クライアントとの打ち合わせ3回目
  家具採寸

9 水廻りに関連するショールームを訪問 クライアントとの打ち合わせ4回目   キッチン、トイレ、ユニットバス、洗面台等の確認

10 展開図の作成 クライアントとの打ち合わせ5回目   各部屋の打ち合わせ

11 施工者見積もり用の実施図面を用いて、工事内容を確認    クライアントとの打ち合わせ6回      

12 一連の図面の作成      概要書 特記仕様書 現況一階平面図 現況二階平面図 改修一階平面図    改修二階  東西南北立面図  断面図 展開図(各部屋ごと)    基礎伏図等(必要に応じて)  電気機器リ  スト    電気設備図(必要に応じて) ハーフユニットバス詳細図    キッチン詳細図

13 見積もり依頼 工務店に見積もりを依頼

14 現場説明 戸建て住宅の場合は 競争見積もりではなく特命で依頼する場合が多い。   耐震工事がしっかり施工可能な工務店の中で、相見積もりを取る場合が多い。

15 設備調査 配管ルートがどのようになっているのかを確認。道路脇の駐車場の汚水   雑排水桝 雨水桝を調査

16 工務店から見積もり提出 詳細見積もりを査定 減額案についての提案を行う   クライアントとの打ち合わせ7回目

17 予算の調整 見積もり落ちや優先順位を確認しながら,予算の最終調整を行う。

18 工事契約 設計者 施工者 クライントが一同に会し,工事契約書を締結

19 近隣挨拶

20 着工 着工式を行う。

21 施工者と解体工事の打ち合わせ

22 解体工事の状況を確認 在来浴室の廻りがシロアリの被害を受けていることを確認等
  現場打ち合わせ1回目

23 解体工事の状況の最終確認 シロアリの被害の最終確認    現場打ち合わせ2回目

24  解体工事の状況を確認し,構造補強計画の内容確認。    増設した基礎の状態をチェック。現場打ち合わせ3回目

25 構造補強工事についての状況確認。土台や柱の設置が始まる。    現場打ち合わせ4回目

26 クライアントの工事現場訪問    シロアリの被害範囲の確認。補強方法の変更に伴う細かい間取りや窓の位置の変更について説明する。仕上げ材についての最終確認       現場打ち合わせ5回目 クライアントとの打ち合わせ8回目

27 構造補強の状況確認 金物による補強について確認     現場打ち合わせ6回目

28 外装下地 防水 断熱施工等の確認 現場打ち合わせ7回目 

29 電気設備の配線等、家具の打ち合わせ 現場打ち合わせ8回目

30 外壁の色 内装材の色 外構の照明等 打ち合わせ     クライアントとの打ち合わせ8回目

31 水廻り器具の施工等 現場打ち合わせ9回目

32 内外装仕上げの施工状況の確認 現場打ち合わせ10回目

33 巾木の取り付け等最終仕上げ工事について確認    現場打ち合わせ11回目

34 照明器具の取り付け 現場打ち合わせ12回目

35 設計 施主検査

36 引渡し

2018/08/09

I邸 ビフォーアフター と 設計から工事 竣工までの全体の流れ

 

 I邸 耐震 水廻り 間取り リノベーション全体の流れ

①現状の把握 と 図面作成
水廻りをやり替えたい旨と 耐震工事の 話を頂く。
耐震診断は無料(役所に建築概要書等の書類が存在すれば)
当初予算は500万円

②耐震診断を行う。三次元のモデリングによる構造解析→設計契約

③台所と食堂の間仕切りを取り払い一室空間へ。
耐震補強の構造解析
  図面作成

④予算の調整 

外壁の工事。玄関扉入れ替え 断熱工事
浴室を12*16から16*16へ大きくする
二階和室を寝室に。外構工事 見積もり
耐震工事 130万 水廻り300万 間仕切り改修200万
外壁工事 120万 外構工事 100万 設計料 75万
+ 消費税        合計 おおよそ1000万円

⑤工務店決定 内装材 フローリング クロス 水廻りメーカー決定

⑥工事着工  外壁工事 耐震構造工事 水廻り 外構 竣工
        台所と食堂の間の壁と柱を取り払う際 梁補強
        耐震補強工事と金物 構造用合板確認
        風呂場の土台の腐食取り除く。

設計期間 2018年3月中旬~5月初旬
見積調整期間 2018年5月~7月中旬
工事期間   2018年7月下旬~10月初旬

2018/05/17

家づくりマスタースケジュール

家づくりのスケジュールと費用の支払いに関して記載します。

①設計期間

基本設計 プラン提示により承認して頂ければ設計契約→実施設計(完了後 設計料の2割支払い) 構造設計→ 

見積もり期間 → 見積もり調整 → 

建築確認申請図面作成 → 建築確認申請提出 → 工事請負契約の締結 → 地鎮祭 近隣挨拶→ 施工図作成 チェック
 →確認済み証受領 → 

②工事着工について

着工(工事費の前払い金3割 設計料の3割支払い)

→墨だし 基礎図面確認 土工事 →基礎の配筋検査 基礎コンクリート打設→二階の配筋検査 二階コンクリート打設 
→ 建具図面の確認 家具の施工図の確認 → 屋根の配筋検査 → 上棟 → 屋根工事の施工確認 外壁工事の施工
確認 建具工事の施工確認 設備配管の施工確認 内装下地の確認 足場解体前外壁周りの確認 仕上げ工事の施工
確認 家具の確認 設備機器の動作確認 → 完了検査 → 設計検査 写真撮影など → 竣工 引渡し 
(工事費の残り7割の支払い  設計料の5割支払い)

基本設計
基本となる建物の構成を組み立てることを意味します。
主に建物の構造 ボリューム 諸部屋の構成 開口部の位置や素材感などの決定
給排水 空調換気の検討

実施設計
家具の構成方法 素材感 住宅設備機器の選定 照明器具の選定
照明のあり方 スイッチの位置や種類 コンセントの位置や種類
窓の開き方 ガラスの種類 錠の有無 建具の開き方 素材感
防犯対策 床壁 天井の素材感
展開図はこのころに仕上がります。

スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者(国土交通大臣登録)
  • RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
    (国土交通大臣登録)
  • 特定建築物調査員(国土交通大臣登録)
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者(国土交通大臣登録)
  • RC木造耐震技術者講習修了者
    (国土交通大臣登録)

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

連絡窓口

有限会社 高橋建築事務所
本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com


下記サイトはリンクとしています

アクセス地図