耐震工事の費用や相場について

耐震工事の費用・相場

地震が頻発する日本では、地震に強い建物に住むことが身の安全を守る最善の策です。日本はこれまでに数々の大地震に襲われており、巨大津波が押し寄せた東日本大震災、多くの建物が倒壊した熊本地震などは記憶に新しいところです。日本では、建築基準法により、耐震基準が定められていて、この基準はたびたび厳格化されています。ただ、現在も、昭和56年に定められた新耐震基準よりも前の基準で建てられた建物は数多く存在しています。現在、もしもお住まいの家が旧耐震基準で建てられている場合は、耐震補強をおこなう際に補助金が得られる可能性があります。この記事では、耐震工事の費用・相場を中心に、耐震工事の必要な家や耐震工事の方法についてご説明していきます。

耐震工事が求められる建物

耐震工事が求められる建物は、今、ご紹介した旧耐震基準で建てられた建物のほかにもあります。主なものは以下のとおりです。

・昭和56年6月1日よりも前に建築された建物

・古い、老朽化した建物

・1階の強度が特に弱い建物

・昭和56年6月以降に新築された建物でも平屋を2階に増設したり、とってはいけない柱をとってリフォームした建物等

昭和56年6月1日よりも前に建築が認められた建物

昭和56年6月1日以降、新耐震基準が有効になったため、それよりも前の日付に建築が認められた建物は、高い確率で、新耐震基準で必要な建物の強度を満たしていません。その後の2000年にも耐震基準は改正されているため、旧耐震基準で建てられた建物はふた昔以上前の基準になるので、早急に建物の強度を調べたほうがよいでしょう。

新耐震の建物であっても、耐震対策が万全とはいえません。無理な増改築を行ったり増改築を行った部分により全体の壁の配置のバランスが悪くなったり、金物をしっかり利用していなかったりする建物は危険である可能性があります。

古い、老朽化した建物

新築から長い時間が経った建物だけではなく、比較的新しく見える建物でも老朽化していることがあります。屋根や外壁を定期的に塗装するなど、メンテナンスをしっかりおこなっている比較的新しい建物なら、それほど老朽化を気にすることはありません。外壁に細かいひび割れが入っている、シロアリが発生している、などの症状が出ている建物は、古く、しかも老朽化が進んでいる可能性が高いといえるでしょう。

1階の強度が特に弱い建物

1階をガレージにしている建物は、壁が普通の建物よりも少なく、強度が不足している場合があります。壁は家を支える重要な働きをしているため、このような建物だと全体を支えきれず、1階部分から倒壊してしまう可能性があります。

地震対策の種類

地震対策には、耐震のほかにも制震や免震といった種類があります。

耐震

大きな揺れが住宅を襲ったとしても、住宅が倒壊しないよう、最低限、住人が安全に避難をおこなえるように建物に施すのが耐震工法です。耐震工事で目指すのはまさにこの耐震であり、建物がダメージを受けないことを目的としているわけではありません。

制震

制震は、かんたんに言えば「揺れを吸収する」ことを目的とした工法です。建物に揺れを吸収するためのシステムを導入するため、大きな建物になるほど費用は増大します。耐震を目的とした工事でもできないわけではありませんが、費用を考えると、少々、ハードルが高いといえます。

免震

免震は、基礎と建物の間に免震装置を導入して、揺れが建物に伝わりにくくする工法です。非常に効果が高い方法ですが、基礎に装置を導入するという仕組み上、リフォームでこれをおこなうことは現実的ではありません。

耐震工事の相場

耐震工事にかかるお金は、もちろん建物の状況にもよりますが、200万円程度となるのが一般的なようです。耐震工事には、建物が建てられた時期も関係します。

建物が古くなるほど耐震工事にはお金がかかるようになります。単純に劣化だけがこの理由ではなく、耐震基準にあった工事をおこなわなければならないため、古い建物だと費用が高くなる傾向にあるようです。

耐震補強は部分的な作業も可能

このように、だいたい100~200万円はかかる耐震補強。しかし、部分的に補強工事をすることも可能です。大まかにできることを挙げてみましょう。

・50万円以内

耐震診断の評点が比較的高い場合は1.0以上にするために部分的に補強することで50万円の範囲に収まる可能性も存在します。まずは耐震診断を行い、この結果を参考に耐震補強工事をおこなうのが一般的です。自治体によっては、0円で診断を受けられる場合があります。(神戸市では、昭和56年5月以前建築の建物の診断は無料)

新耐震の建物でも、積極的に耐震診断をうけられて、現在の建物の状況を把握しましょう。

・100万円以内

100万円以内になると、かなり強力な補強も視野に入ってきます。外壁への耐震パネルの取り付けや、補強材の取り付けは、工期もそれほど長くならず、建物を補強できる方法です。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。