特殊建築物 定期報告 防火戸常時閉鎖 明石市 店舗付き共同住宅

明石市にて 店舗付き共同住宅の 特殊建築物定期報告を 行った。

①屋上
屋上は問題なしの状態であった。

排水口の掃除だけ報告を行った。

②屋外階段

屋外階段は、雨によくあたるため、床のクラックが目立った。クラック補修をして、長尺シート処理をするのが良いとの報告を行った。

③外壁クラック

外壁クラックが目立ったため クラック補修すべきであると報告した。

④エレベーターの遮炎性能

エレベーターに遮炎性能がなされていなかったため、指摘した。これは既存不適格の状態で、建設当初の建築基準法では問題ないが、現在の基準法では、問題がある箇所である。
扉に遮炎性能のあるものをつけて頂く必要性が存在。

④階段部
階段は、竪穴区画といって、下の階で火災が存在した時に、上階まですぐに燃え広がるため、扉や、開口部を防火設備とする必要性が存在している。

窓は、網入りガラスになっていた。

防火戸は建具の開閉不良が、他の階でも目立った。また、法律の改正により、煙感知器と連動して扉が開閉するような、防火戸となっている場合は、一年に1度の公的な検査対象となります。

今回は、以前感知器連動型防火戸でしたが、常時閉鎖の防火戸とすることにより、報告の対象外となっていることから、建具の開閉不良は、重要な問題であり、報告のポイントとして、あげています。

法律の改正に関して、詳しく説明しますと

平成28年1月15日付で交付された建築基準法の改正に伴い、定期報告制度も改正され、平成28年6月1日より施行され、新たに防火設備点検が加わりました。

平成25年10月に福岡市内の診療所で発生した火災事故では、火災時に自動閉鎖するはずの防火扉が正常に作動しなかったため、死者10名を含む多数の犠牲者が発生する惨事となりました。今回の改正では再発防止策として、防火設備点検に関する規定が強化されました。
防火設備点検では、火災時の防火区画形成、延焼拡大防止、避難安全確保という視点より安全性の確認をします。防火設備点検は、万が一の時に人命を守るために定められました。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。