神戸市,芦屋市,明石市,加古川市,三木市,西宮市の住宅診断/耐震リフォーム/新築注文住宅

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00

mail: toshiro@arch-takahashi.com



福祉転用 雇用創出 アートによる エリアリノベーション 詳細解説(空き家活用)

福祉転用 雇用創出によるエリアリノベーション(空家活用)

 

エリアリノベーションを行っていくことを、当方の事務所は、大きな課題としています。

 

以下こちらの考えです。

・核家族を主体とした高度経済成長時代の幸せの形は、もうみんなが目指すものではなくなった。単身世帯の増加、終身雇用の崩壊、少子高齢化、生涯未婚率の増加、生き方、働き方が多様化し、選べる時代にあって、どう生き、どう働くか。それを空間でどうサポートするか。

・人口減少という時代に対して、どのような考え方を持ち、この時代と我々は向き合っていけばよいのだろうか。神戸市の掲げる子育て日本一のまち、介護日本一のまち、日本一認知症にやさしいまちは、一つの自治体の回答

・空き家の多い、高齢化の進んでいる地域だからこそ、今ある建物の再生、活用をすることで、若い人たちが住んで働いて暮らす24時間街にいる環境をつくるのがいい。

・災害に起こった時に大切なのは、どうやって逃げるか。高齢者の隣には、若い人が住んでいるべきだと思う。より日常的な見守りも可能になる。

① 市街地におけるエリアリノベーション

・遊休不動産の活用と質の高い雇用の創出。空き家だらけのまちを元気にする。若い人たちがやりたいと思うような仕事を、空き家を使って作り出す。街をたのしくする新しい手法?住む場所、働く場所 そして、新しい仕事を作ることで人が住んで、働いて、遊べる街にする視点が必要。住む場所、働く場所、仕事が生まれれば、街に人が住み続けられる。

・子育てしながら働き方や就業時間や形態にグラデーションを持って働く女性。子育ての女性のプレッシャーを軽減させる仕組み。本当は、子育てしながら自分のペースで緩く働きたいという人たち。世の中の女性たちが緩く働ける場所があったり、少しでも育児から解放されて社会との接点を持つことができれば、家庭内がうまくいく。

・ボトムアップ型で考える。地元の人だけでなく、外から参加する人も含め、市民たちがチームを作る。そして、ひとつのプロジェクトに取り組み、プロセスを通じて、街の望ましい姿を考える。まちに新たなコンテンツを生み出すリノベーション事業

■フリースペース
食堂 学習スペース 様々な人と共に過ごす多目的スペース
多様なアクティビティを受け止める居場所を中心とした空間
地域に根差した循環型の暮らし方の知恵を学ぶ 地域に開いている 地域の方々に学びの場に参画してもらう 地域に対する愛着や当事者意識 誇りを熟成していく

■複合用途施設 フィットネススタジオ 食堂 地域交流カフェ 映画鑑賞 マルシェ
人々が町を巡り空き家も素材として活用 町の拠点 自治工房
足湯 コミュニティキッチン 子供の遊び場 古本屋 眺望台 ステージ 茶室

■滞在型文化交流拠点 文化複合施設
町全体をホテルに見立てるプロジェクト レストラン 銭湯 土産物 雑貨屋 文化体験
図書情報館 歴史資料展示室 町民ギャラリー 体験研修室 ブックカフェ 街角サロン マルシェ 多目的スペース シェアオフィス 祭り レンタルサイクル
生産者と料理人をつなぐ場 健康 地域のリソースを使い倒す
日々のご近所付き合い 町内向けに発行する新聞 多世代 多国籍の人々に開かれた居場所づくり 市民みずからが公共的な場所づくり 月1回のマルシェ 単体の建築から地域へ広がる運営 クラフトビール 書籍 ハイテク機械 名物料理 銭湯

■シェアハウス
シングルファーザー シングルマザー
人が集まる仕組みを 地域の生業や地勢の関係性の中で紡ぎだし、その先に必要となる建築や町の姿を具体化する。

■民泊 新しい視点からその都市を体験し地元のコミュニティを深く知るための手段となる。ゲストにある土地に属するという感覚 旅行者としてではなく居住者としてこの街を感じてもらうこと 体験をデザインする。様々な文化や人を身近に感じることができる
吉野町 最高級の杉材 木材から 椅子 家具 食器 日本酒 はし 地域の資源をシェアする。

■公民館的な役割 みんなの家 1F 地域の情報が集まるラウンジ的な空間 交流の場 創作活動の場。市民の活動拠点。ワークショップ 市民活動の予行演習 市民の施設への意識を維持 拡大させる街中ダンス部 手芸部 若手芸術家 読書会 まちなか晩御飯 いろいろなキーワードを読み解きながらまちのこれからを一緒に考えていく人を募集します。設計と同時に活動=中身を育てる公共性を持つ空間。健康維持 増進と地域交流

アートを中心にした街の再生
アートスタジオ 絵画教室 みんなのうえん クリエイティブセンター
ギャラリー バー ホステル デザインオフィス 設計事務所 等

② 福祉転用によるエリアリノベーション

・幸せな街とは こどもが生まれ育ち、高齢者や障害者を含む多様な人々が安心して生活し、そこで築かれたライフスタイルや文化が住みつがれる街

・医療の発展による長寿命化により、医療的ケアが必要な障害児、高齢障害者、認知症の後期高齢者の増加に対し、福祉サービス制度の充実が図られている。

・空き家が急増する一方で、高齢者支援に加え、障害者の地域移行、子育て支援などの為に福祉施設の不足が進行している。このような状況で、福祉転用が注目されてきている。成功事例で    は、多様な世代交流が生まれ、働きながら子育てが実現し、障害者や高齢者の仕事や役割ができるなど新たなライフスタイルや文化が生まれている。

・地域から隔離するのではなく、地域に住み続けることが求められている。どんな人も、近所付き合いやお店など地域となんらかの関わりを持って生活している。それが断たれることなく地域に住み続けることができる福祉サービスを検討しなければならない。

・地域について考える。そこにはどのような人が住んでいて、どのようなコミュニティが形成されているのか、地域の人々がその建物に対し、どのような認識を共有しているのか。多様な関係性を持つコミュニティの中で、ケアを構築することが問われる。

・地域のニーズを課題としたい 隣人の高齢化 孤独 認知症への対応は、多くの住民が漠然とした不安を覚えている。空き家や住まいを介護や子育ての場所に転用する。

・地域に住み続ける福祉サービスを展開するうえで常に地域とは何かを捉え、地域の特性を見極めることが必要である。過疎地での対応も考慮に

・都市 郊外 過疎地のような人口密度や構成の違いにより、ケアニーズも異なる。

・地域に開かれた空間デザインを検討することも必要。

・車いす利用者への配慮

・福祉施設を開設した後にどのように地域に波及効果があったのか。または、これから波及していくのか。地域への面的な広がりも視野に入れる。福祉サービス以外の機能を持つ建物を整備し、住居や小規模なケア拠点を分散して配置する。地域の人々のネットワークを幅広くつなげ、年齢や障害の有無に関わらず、多様な人が地域に暮らす共生社会を進めることも現実味を帯びてくる。

・高齢者福祉分野で進められている地域包括ケアシステムでは、安定した居住を基盤に医療や福祉、自治会 ボランティア等地域資源をネットワーク化して高齢者の地域での生活を支えることが実践されている。

・地域包括ケアシステムをさらに推し進めるための介護予防 日常生活支援総合予防事業では、住民相互が支えあう仕組みが求められている。
これからのテーマは、地域共生社会の実現である。地域共生社会の実現に向けて、福祉施設はその拠点を担う可能性がある。単独のサービスだけでなく様々な人を対象にしたサービスや地域に開かれた場を作り、複合用途の福祉施設や狭いエリアに面的に福祉サービスを分散させたネットワークを作る必要性がある。

・学童保育 保育所 保育園 キッズルーム付シェアハウス シングルマザー用シェアハウス (シングルマザー世帯120万以上) 小規模多機能 デイサービス サービス付き高齢者住宅 高齢者グループホーム 在宅介護支援 児童デイサービス 生活介護事業所(障害者)障害者グループホーム 児童発達支援センター 在宅介護支援センター 訪問看護支援センター 訪問介護事業所

・拠点施設は、最大30人ほどが集まる空間で、さまざまなイベントを展開。サロン セミナー ワークショップ 街づくりセンターのような拠点

・コミュニティスペース シェアハウス 子育て関連施設 地域住民の空き家に対する認識及び空き家活用意向→ワークショップとアンケートで把握。

・福祉制度 種別により異なる定員 必要となる空間の広さや設備

・食をテーマにしたイベントや講習会
・社会的居場所をつくる 自分が他人によって必要とされている場所
自分の資質や能力を発揮できる場所 高齢者にとって社会的居場所をどう維持するのかは大きな課題 まだまだ元気で誰かの役に立ちたいと考えている高齢者は多い。

・福祉事業者と不動産業者 所有者が参加しやすいマッチングシステムや データベースの構築 空き家のデータベース構築

高齢者支援、認知症に優しい町というが、子供が生まれ育ち、母親が負担少なく、仕事もでき、若者とお年寄りがうまく混ざり合って、多世代で居住していく街の姿が好ましいと思われる。具体的には、集まって住むという集合住宅の形態を、お年寄りと若者、子育て世帯が助け合いながら、仕事もしながら生活していく町の姿をイメージしている。

デザイン性の高い小規模開発 隙間が都市にある。土地をパブリックに返す。都市内部にどうやって魅力的な都市住宅を供給するか。それを作ることによって景観がよくなる小規模ではあるがデザイン性の高い新たな都市居住の提案。内部空間だけでなく外部も面白い都市空間の形成。オープンスペースをとる。都市生活の魅力は何かと考えると、人間関係をポジティブにとらえる必要性。朝の散歩がコミュニケーションになるような暮らし。人間関係をさりげなく育む場


« 前のページに戻る

有限会社 高橋建築事務所(会社概要)

本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com
> 会社概要はこちら


スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業。
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者(国土交通大臣登録)
  • RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
    (国土交通大臣登録)
  • 特定建築物調査員(国土交通大臣登録)
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者(国土交通大臣登録)
  • RC木造耐震技術者講習修了者
    (国土交通大臣登録)

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

下記サイトはリンクとしています

アクセス地図