T邸 古民家改修 キッチンのプラン案提案その2  神戸市

暮らしの豊かさは 食生活にあり ということで、

キッチンのプランニングを行うことはとても大切であり、住む人の幸せにつながると考えています。

前回、A,B,Cの 3案を 提示しました。

今回、D,E,F,Gの4案を 提示します。

現状図です。

北側に庭が存在し、庭をみながら、食事をしたり、料理をつくったりしたいものです。

D案

D案は南側和室に壁を作り、少し部屋の相互関係は薄くなりますが、問題ない範囲だと思います。L型のキッチンですが、とても、大きく、非常に使いやすいキッチンであることが予想できます。L型のため、値段が高いことが予想されます。

E案

E案も、D案に続き L型で、少し小さい形で、D案と、シンクの位置が逆のタイプです。コンパクトにまとまった案となっています。

F案

F案は、カウンター型で、とても使い勝手のよいキッチンになります。コンロが壁際にあり、料理をしながら横目でダイニングテーブルの様子を見ることができますし、シンクで洗い物をしながら、ダイニングテーブルの家族と話し合いをすることも可能です。ただ、値段がはることが予想されます。

G案

G案は、真ん中にキッチンを置く案です。コンロのダクトが上部に出てまいりますが、料理をしながら、南側の和室の様子とダイニングテーブルの様子、両方共がうかがえますし、キッチン動作も機能的です。値段も比較的手ごろな価格で納まりそうです。(I型のため、メーカー既製品がL型に比べて安い)

結局、G案でいきましょうと クライアントからの要望により、これでパースを作成しました。コンロに壁があるものと壁がないものを作成し、壁があるもので施工することになりました。壁があることにより、少し閉塞感がでることはかんがえられましたが、コンロの油が飛び散るため、壁が必要であるとの判断です。

以上、最終的には単純なI型の一つのキッチンですが、様々なことを検討しながら、一つの思い入れのあるキッチンを作っていきます。

値段と使いやすさ、動きやすさ、廻りとのコミュニケーションのしやすさを総合的に判断しながら、最終的な決定を行います。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。