兵庫の住宅診断/耐震リフォーム/デザインリフォーム/新築注文住宅/設計監理

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00



収納のプランニング

 

収納のプランニング
 収納プランを立てるには持ち物の量を把握することが先決。不用品を処分してからハンガーパイプや棚の長さをはかり量を把握しましょう。使うものが使う部屋の出し入れしやすい場所にしまってあるのが理想的。しかし、部屋の広さには限りがあるため、すべてを使う場所にというわけにはいきません。そこで、物の使用頻度に合わせて、部屋別収納と集中収納を使い分けるのです。日常よく使うものはそれを使う部屋に収納します。扇風機や古い衣類など、決まった季節にしか必要のないものやほとんど使わないものは納戸などの大きな収納庫に集中収納します。
 使いやすく、死蔵品を作らない収納プランの秘訣は、一目で中が見渡せるようにすること。奥行きの深すぎる収納はアウト。間口が広く奥行きが浅い収納ならば、しまってあるものが一目瞭然。
 デッドスペースを収納に生かす。
 通常使われないデッドスペースを利用すれば、ゆとりの収納が出現します。床下、小屋裏、階段下などうまく利用しましょう。

 LD収納
 見せる収納と隠す収納で美しいインテリアに。
頻繁に使うものは、見せる収納が適していますが、ともすると雑然とした印象になりがちです。LDは収納も機能性とインテリア性を両立させたいもの。蔵書の収納というとオープン棚を連想しますが、背表紙の色がバラバラではすっきりみえません。こうしたものは、扉をつけた隠す収納がベター。雑貨がすきなら目に留まりやすい場所にみせる収納をつくりましょう。また、壁面収納は沢山しまえて便利ですが、なるべく一面の壁だけにすると圧迫感がありません。扉は淡い色か壁と同色にすると存在を主張せず、部屋が広く見えます。LDには、常備薬や文房具、爪切り、予備の乾電池など、みんなが使う日用品の収納をつくりましょう。特に探しやすく戻しやすいをポイントに計画しましょう。場所は部屋のあまり奥まっていないところがよいでしょう。細々としたものが多いので、浅い引き出しが最適。

 ダイレクトメールや雑誌を山積みにしがちなのが、テーブルやカウンターの上。そうならない為には、壁面収納やローボードの見やすい位置に専用のスペースを用意。

寝室収納
 衣類をしまう方法には、①シーズンのものだけ出しておき、シーズンオフのものは箱などに収める。②すべてをハンガーでつるすか棚や引き出しにしまうの二通りに大別されます。①は出し入れが必要。②は広いクローゼットが必要。スペースが許せば、大型収納WICをおすすめします。両側にハンガーをするなら、通る時に洋服が多少ふれても問題はない為、通路幅は55cmで大丈夫。

サニタリー収納
 洗面室にかけられる面積は1坪が一般的。でも、タオルや化粧品、歯磨きセット、ヘアドライヤー、洗濯用品など、じつに様々なものをしまいます。トイレは洗面室ほどしまうものがありませんが、狭いという条件は同じです。市販の収納家具をあとで設置すると、どうしても窮屈になってしまいます。そこで、壁の厚みを利用する、薄型の収納をつける、便器上の空間を利用するなどの方法で、収納スペースをつくりましょう。洗面室やトイレ用に作られた既製の収納には一部を壁に埋め込んで施工する、省スペース設計の製品もあります。洗濯機をおさえるために、折戸の収納を設けるお宅が多いのですが、扉の代わりにロールスクリーンにするとローコスト。上部には洗剤やタオルが置ける棚を設けると便利です。広いカウンターがとれるなら、下部にビルトイン型の洗濯乾燥機を組み込む方法もあります。また、床下収納もおすすめのアイテムです。

« 前のページに戻る

スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録 RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録RC木造耐震技術者講習修了者

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

連絡窓口

有限会社 高橋建築事務所
本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com


アクセス地図