兵庫の住宅診断/耐震リフォーム/デザインリフォーム/新築注文住宅/設計監理

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00



ホームインスペクション

トップライト下の ガラスの支枠材に 損傷が見られたために 住宅診断で 指摘した場所を 補修した。 当初の原因は 二つ考えられた。

①階段上部 の トップライトであったため 吹き抜けで 水蒸気が 天井まで上がり 結露によって、支枠材が損傷した。
②ガラスの つなぎ目の トップライトのシーリングの劣化による雨漏れ

原因を特定するために ベランダから ホースを引っ張り 水を 上からかけることとした。 水を撒くと 1分ほどで  ガラスより 漏水が見られたため 雨漏れによる原因と 特定した。 しかしながら、結露も 十分考えられる要素であり、できるなら、このガラスも複層ガラスとして 内外部の温度差がないようにしたほうが良いと思う。 原因が特定できたため、補修方法も、屋根に上り、今一度ガラスのシーリングを打ちかえるか トップライト自体を塞いでしまうかが検討された。 トップライトを塞ぐ行為は、雨漏れには有効であるが、足場をたてて、施工しなければならないため 費用が多くかかることが予想された。 よって シーリングを 今一度 入念に打設することで雨漏 れに対応することとした。 屋根勾配がきついため、ロープをはって 命綱を引いてから慎重に施工を行った。 ガラスのつなぎ目の鉄の被せをとると、シーリングが劣化していた。 写真によるテープを張った部分をすべてシーリング打設し、対応した。 住宅診断では、トップライト廻りの漏水は十分 注意する場所であり、現代的な技術で 適切に補修を行うことが重要だと考えている。

« 前のページに戻る

スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録 RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録RC木造耐震技術者講習修了者

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

連絡窓口

有限会社 高橋建築事務所
本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com


アクセス地図