兵庫の住宅診断/耐震リフォーム/デザインリフォーム/新築注文住宅/設計監理

TEL:078-991-9990平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00



リフォーム 内装材選びのチェックポイント

数えきれないほど種類があってセレクトに迷う内装材。何をポイントに選べばよいのか、どの部屋にどんなものがふさわしいのかなど、選びかたのポイントを記載しました。

①まずは現状分析とリフォームの全体像を把握することから

内装材選びは後にまわされがちですが、自分たちがなぜリフォームしたいのか、どんな暮らしをしたいのかという全体像を把握し、そこから、個々の内装材や設備を選んだ方がベターです。素材のメリット、デメリット、コストの問題を把握しながら、全体のバランスを決めるという手順で進めるとよいでしょう。

②自然素材か新建材か。今後のリフォーム計画と自分の性格を考慮。

内装材は自然素材か新建材に大きく分かれると考えてよいでしょう。メンテナンスが必要で傷ついて色あせたり、古びたりするけれど、そうした経年変化が味わいとなるものが、ムク材のフローリングなどの自然素材です。それに対し、手入れがあまりいらず、最初の美しさが比較的長く保たれるけれど、いったん傷つくと、価値がさがるのが、ビニールクロスなどの新建材です。将来の計画と照らし合わせて検討する必要があります。

③コストの問題

コストアップの要因のひとつとして、クロス張りや塗装など工事が複数にわたることが上げられます。広い面で同じ素材を使うなどの工夫をすればコストダウンします。

高価だからとあきらめる前に、プロに相談してみるのも手です。その場合、内装のコストダウンのアイデアをだしながらも希望のイメージをかなえることができるプロに依頼することが重要です。設計料がかかりますが、トータルコストでみると満足のいく結果となるでしょう。

« 前のページに戻る

スタッフ紹介

高橋 利郎
2005年 東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程卒業
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録 RC 木造 鉄骨造 耐震技術者講習修了者
高橋 眞治
人間は文明とともに進化するが、一方伝統、環境、文化を守り続けていくこと抜きでは生きていけない。古いものを守り、現実をつぶさに見据え常に自己の感性に挑戦し続ける自分でありたい。
  • 兵庫県ヘリテージマネージャー
  • 兵庫県景観アドバイザー
  • 神戸市住まいの耐震診断員
  • 既存住宅現況調査技術者
  • 国土交通大臣登録RC木造耐震技術者講習修了者

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。
・耐震診断無料(S56年以前建築の住宅)
・図面作成無料

連絡窓口

有限会社 高橋建築事務所
本社:〒651-2275 神戸市西区樫野台3
事務所:〒651-0083 神戸市中央区浜辺通6-1-1
TEL:078-991-9990 / FAX:078-991-9990
平日・土曜日 受付時間:9:00-18:00
E-mail:toshiro@arch-takahashi.com


アクセス地図