中古住宅を購入するコツ(ホームインスペクション 神戸市 高橋建築事務所)

①ホームインスペクションによる住宅瑕疵保険の加入 もしくは 耐震適合証明書の使用

購入前に我々のような建築士に住宅診断を依頼して、報告書や証明書が発行されると、購入の際 以下のような減税制度が存在します。

住宅ローン減税最大200万円まで   登録免許税の減免(2.0%→0.3%)抵当権設定(0.4%→0.1%)  不動産取得税の減免

ぜひご利用いただけましたらと思います。

 

②購入前の建築士による聞き取り調査

これからお住まいの住宅にどのような夢を抱かれているのかを検討くださり、それを話し合います。購入予定の住宅で、想いが可能かどうか吟味致します。

物件購入前に設計者に求められることは,どの程度のリフォームが可能かの展望を示すこと。既存空間の大きな特徴を捉え、クライアントの望むライフスタイルが可能かをアドバイスしたいと考えています。今現在お住まいの 満足な所、不満足なところを洗い出し、納得のいくまで検討したいところです。また、建物だけでなく、その土地の持つ、周りの環境、法的な制限、30年後まで見据えた視野も必要かと思われます。

違法建築でないか、耐震性を満たしているのか、構造体に雨水進入がないか、が情報として最低限必要であり、最も重要な判定要素となります。確認申請書や検査済証を確認することも重要ではありますが、無申請の増改築を経ている場合は、違法となっている可能性もあります。また、耐震性能については、地盤沈下や基礎の傷み具合、昭和56年建設かどうかが分かれ目となります。

昭和56年度以前の建物の 木造戸建て住宅の 耐震診断は、無料です。(神戸市)

 

設計時には、費用対効果を考えた間取り計画、耐震設計,断熱設計がポイントです。新築並みの性能基準に改善しようとすると,建て替えたほうが安くなる場合もあります。工事では、解体して初めて見えてくる欠陥もあるので、状況にあわせてデザインや取り合い調整していく必要性があると思われます。コストアップにつながるので、緊密な連絡を行い調整します。

 

また、当方の事務所は、国土交通大臣登録 既存住宅状況調査技術者が2人おります。購入前に、主に、防水と構造体に関する調査を行い、報告書を提出する 建物インスペクション(調査)を積極的に行っております。(有料 応相談)

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。