茨木市 I邸 水廻りと耐震改修その他工事②(デザインリフォーム 神戸市 高橋建築事務所)

前回の茨木の改修工事の続きです。

水廻りの改修の打ち合わせを行う。 6 パターンを提案した。

A はキッチンの位置は元のまま、台所の間仕切りだけを取り払う案。 B は、キッチンを南側に配置し , 間仕切りを取り払う案。 B ´は、 L 字型キッチン。 C は、北側キッチン。 C ´は、 L 字型キッチン。 D はカウンター型キッチン。クライアントの選択は、当初 B であったが、その後の打ち合わせで結局 A となった。クライアントは右利きの為、右廻りのキッチン作業を行うことが有利であると申し上げた。買い物を、冷蔵庫に入れる→キャベツ等をとりだす→水洗でキャベツを洗う→台でキャベツを切る→コンロで焼く→配膳をする。この一連の作業を鑑みてキッチンを設計することが重要である。右回りにこだわれば、この場合 A か  C’ が当てはまるが、一般的には、カウンター型の D を選ばれる方が多い。しかしながら、子供いる家庭は、カウンター型を選ばれる状態が多いが、夫婦2人だけの家庭では、カウンターキッチンを選ばれないことも多い。様々な生活様式と好みによるが、カウンターは家族数が多い場合に有効かと思われる。

パースはカウンターキッチンのもの

結局 以下のような 改修となった。改修範囲をしっかりと記載します。

今回、工事としては、トイレ2個、キッチン、風呂の水廻りの改修と耐震工事、風呂を大きくしたことに伴う壁の位置の変更、食堂の床が上がっているため床のやり替え、外壁改修、カーポート設置、庭の整備が工事の主体となった。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。