玄関の設計(注文住宅 デザインリフォーム 神戸市 高橋建築事務所)

玄関と階段のプランニング

単なる移動の空間としてとらえがちな玄関や階段ですが、一工夫すれば、生活空間に広がりやうるおいを与えてくれます。小さな家こそ玄関を広めにとり多目的につかえるように。

狭い玄関では、コートを脱ぎ着するにも窮屈です。玄関にコートがけや姿見があるとよいです。大きなシュークローゼットをつくっておくと、ゴルフバッグやサーフボードなどのスポーツ用品もたっぷりしまえます。同じ面積でも広々と見せるには、ポーチとたたき、ホールに同じ床材を使う方法が効果的。上框は低目がおすすめです。

自然の光を意外に取り入れにくいのが玄関です。道路からさほど距離が無いことが多いので窓を大きくとるわけにはいきません。そこでおすすめなのが、地窓や欄間。目の高さが壁になるため、外部からの視線が入らず、額を飾ることもできます。外に面した壁に沿って靴箱を設ける場合は、床から天井までの高さにしないで、上下に窓をとるのも一案。床や天井が広く見えるというメリットもあります。縦長のスリット窓もプライバシーを守りながら光を取り込むのに適しています。

・たたきは靴やコートの着脱が楽にできるスペースをとる。
・狭い敷地では、玄関とLDを一体化させたオープンプランもよい。
・玄関にウォークインタイプの納戸を設けると、物置代わりに沢山しまえて便利。バッグなどちょっとしたものが置ける台があると重宝。
・傘立てやスリッパ立ての置き場所を決める。スペースが無いなら靴箱に組み込むか、壁厚を利用。
・高齢者がいるなら、座って靴がはけるベンチや手摺があると便利。
・欄間や地窓、スリット窓などにより、プライバシーの保護と採光、通風を両立。
・上がり框を低くしてポーチとたたき、ホールと廊下を同じ床材でそろえると奥行き感が出る。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。