照明のプランニング(デザインリフォーム 神戸市 高橋建築事務所)

①照明には、大きくわけて主照明と補助照明が存在します。

主照明 シーリングライト、シャンデリア、ダウンライト 主照明ダウンライト
ペンダント
補助照明 キッチンの手元灯、読書灯、スポットライト、ブラケット、フットスタンド
フロアスタンド ロースタンド

照明プラン時には、部屋の使い方に応じて、主照明と補助照明を組み合わせるようにしましょう。

やわらかなイメージを出したい場合は,全体に満遍なく光があたるように。 落ち着き感を出したい
場合は 床と壁を明るくし、天井に光が当たらないように。

天井が低くて狭い部屋では、天井と壁に光をあてると実際よりも天井が高く、部屋が広々と感じられます。

内装材の種類や色によっても光の印象は変化する。白く、光沢のある内装材ほど光を反射するため
明るく感じる。反対に、和室などで、壁や天井を濃い目でつやのない色にする場合は明るめの照明器具。

蛍光ランプ 昼間の太陽光に近い青白い光で、影ができにくいのが特徴。勉強や読書などの作業によい。
白熱ランプより電気代が安くてすみ、ランプの発熱量が少ないため熱を帯びないという利点も存在。
電球色は、落ち着いた雰囲気。昼白色はさわやかで活動的な雰囲気。

白熱ランプ 調光がしやすいこと。白熱ランプの場合は、調光機との併用で無段階に明るさを変化できる。
光で陰影を出しやすいこと、光を集中させやすいこと。長時間つけはなしにするには蛍光ランプ、廊下、
階段、トイレなどは白熱ランプがよいでしょう。

②どの空間で、誰がどのような生活行為をするのかが照明計画では重要です。

A)リビングでは,一室多灯の照明プランがおすすめ。
シーリングライトやシャンデリアを主照明にダウンライトやブラケット、スタンドなどを補助的に用い
てみましょう。普段は部屋全体をシーリングで明るくし、くつろぐときはダウンライトやブラケットだけ
で。本を読むならスタンドで。簡単に雰囲気を変えたいなら、天井灯を調光できるタイプへ。

B)ダイニング
ダイニングはテーブルの上にペンダントライトを付けるのが主流。料理が美味しく見える白熱ランプか、
電球色の蛍光ランプがよいでしょう。ペンダントはテーブルのサイズとのバランスを考えてセレクト。
設置は 60~80cmの  高さが一般的。大きなテーブルには小さめのペンダントをいくつか並べて
もよい。

C)吹き抜け部分
吹き抜け空間の伸びやかさをいかすには、壁面に光をあてるのがポイント。高天井の空間向けに設計された
ブラケットを設置するとよいでしょう。ペンダントライトやシャンデリアにも吹き抜けようがある。

D)寝室
ベッドに横になったときに光源が直接目に入らないように。くつろぎ感を提案するなら、調光機能つきの
シーリングライトにしたり、天井灯を省いて、ブラケットとスタンドだけにする方法も。寝室の出入り口
近くにフットライ     トを設置しておくと、夜中にトイレに立つときに便利。リモコン機能のない
天井灯はドア脇と枕元の両方でオン オフにできる三路スイッチ。

E)玄関 階段 廊下
上がりかまちの真上に照明器具を設置しましょう。
階段は足元が暗くならないように取り付け位置に注意。
廊下は、天井と足元をバランスよく明るくするのがコツ。ダウンライトとフットライトとの併用がおすすめ。

F)水廻り キッチンは、隅々まで光が届く蛍光ランプを主照明として、流し台やコンロ部分に手元灯を設けましょう。

毎日無料相談実施しています!

弊社では住宅診断、耐震リフォーム、デザインリフォーム、新築注文住宅等、幅広くご相談に対応させていただいております。相談は一切無料です。また弊社では、個人のお客様だけでなく、リフォーム等される法人の工務店様へ構造的な側面からお力になれます。お気軽にお問い合わせ下さい。